ヒメアカネ、オス

ヒメアカネ、オス
ヒメアカネ、オス(17/10/10) トンボ目 トンボ亜目 トンボ科 アカトンボ亜科

大きさ34mm、出現時期5~12月。幼虫の育つ環境は丘陵地・低山地の草丈の低い水生植物が繁茂する滴出水のある湿地。背景に白く見えるのは固有種のシラタマホシクサです。昨年は9/15に写真を掲示しました


ヒメジャノメ、交尾

ヒメジャノメ、交尾
ヒメジャノメ、交尾(17/09/26)チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科

体長(前翅長)18~31mm、出現時期5~10月。フィールド内の林縁でしばしば見られるチョウです。ゆっくり飛び、草の葉などに静かにとまります。交尾の座像は初めてです。2014年には6/24に写真を掲示しました

ウラナミシジミ、メス

ウラナミシジミ、メス
ウラナミシジミ、メス(17/9/17) チョウ目 シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科 

大きさ(前翅長)13~18mm、出現時期7~11(3~11とも)月。越冬地の暖地から次第に北方に拡散、夏以後には北日本にも現れるとされています(冬にはすべて死滅)。花で吸蜜している写真が多いですが、この個体は草むらで休んでいました。2011/12/5に掲示しました一例を示します

クビキリギリス

クビキリギリス
クビキリギリス(17/9/17) バッタ目 キリギリス科 クサキリ亜科

大きさ:27~34mm、(端まで)50~57mm、出現時期4~7月、9~11月。緑色または褐色。写真の個体は前者です。頭部が著しく尖っているのが特徴的で、口器の周縁が赤いです。 これまで幾つかアップロードしていますが、2011/9/17に掲示した写真を示します。日付は奇しくも同じです。

アジアイトトンボ、交尾

アジアイトトンボ、交尾
アジアイトトンボ、交尾(17/9/9)トンボ目 イトトンボ科 アオモンイトトンボ亜科

大きさ26~31mm、出現時期4~11月。11/9/10に同様の写真を掲示しました。見た目に大きさが非常に小さく、移動時に目につくほどです。周りにには他のトンボ類も飛翔していて、食べられてしまうのではないでしょうか?

続きを読む

プロフィール

Risuakane

Author:Risuakane
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサードリンク
おすすめリンク(PR)